11.十字唐草 / Juji Karakusa

(English)



十字唐草は赤穂緞通の創始者 児島なかが考案したとも言われており、 最初期から織り継がれている赤穂特有の文様です。

古く正倉院の花氈にも見られる二つのメダリオン。十字の意匠を太い唐草が囲む力強いデザインです。

縁の龍文は比較的古い明治時代の赤穂緞通によく見られます。 龍、ということで中国緞通由来の意匠かと思い込んでおりましたが、よくよく考えるとテキスタイルで同様のものを見たことがありません。 古代中国の青銅器に見られる虺龍文が形状としては近いように思います。児島なかの家業は古美術商でしたので、海外の絨緞のみならず 、様々な美術品を元に図案を考案したのかもしれません。

比較的時代の古いものとみられ、耳の作りや色糸が太くざっくりとした風合いです。


・11.十字唐草(じゅうじからくさ)

・サイズ:93.5cm×190cm

​・素材:綿(藍染、草木染)

・価格:売約済です。ありがとうございました。



これのどこが龍?と見るたび首をかしげておりましたが、虺龍ということはドラゴンではなく蜥蜴の類ですね。




ご注文について

  • お名前、メールアドレス、電話番号

  • 番号と品名

  • 郵便番号

  • ご住所

上記内容をご記入の上 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

※決済は銀行振込とカード決済がご利用いただけます。

※3日以内に返信が無い場合は、何らかの理由でこちらからのメールが届いていないことが考えられます。 お手数ですが、お問い合わせフォームより再度ご連絡ください。電話もしくは携帯のショートメールにてご連絡差し上げます。

風を待つ月、わたしの場所で夏を迎える