16.事始 / Kotohajime

(English)



シンプルな色遣いに力強い唐草文様、日本の絨緞ならではの格調高く凛とした雰囲気の緞通です。 藍の濃淡で表現された縁の卍繋ぎ文は鋏入れの技術が素晴らしく、一糸乱れぬ直線の連なりに見惚れてしまいます。

京舞井上流の事始めの折にこの柄の緞通が敷き詰められており、毎年その様子がテレビで放映されるためでしょうか。緞通といえばこちらを思い起こされる方が多いようです。 佐賀県の鍋島緞通と共通の文様です。

こちらは2ヶ月以上かけて手入れをし、やっとここまできれいな状態になりました。元々汚れが激しく繰り返し水洗いしているため、全体にやや薄く糸が柔らかくなっています。手がかかった分愛着のある一枚です。


・16.事始(ことはじめ)

・サイズ:92cm×188cm

・素材:綿(藍染、草木染)

・価格:売約済です。ありがとうございました。



片側の地のベージュ色がやや濃い色目となっています。




ご注文について

  • お名前、メールアドレス、電話番号

  • 番号と品名

  • 郵便番号

  • ご住所

上記内容をご記入の上 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

※決済は銀行振込とカード決済がご利用いただけます。

※3日以内に返信が無い場合は、何らかの理由でこちらからのメールが届いていないことが考えられます。 お手数ですが、お問い合わせフォームより再度ご連絡ください。電話もしくは携帯のショートメールにてご連絡差し上げます。

風を待つ月、わたしの場所で夏を迎える