19.雨龍 / Little Dragon for Rain




市松雲龍という雲と龍が交互に配された古典柄の赤穂緞通の一部です。 角や爪が無く長い鼻とたてがみが特徴の雨龍は、これから成長する幼い龍の姿なのだとか。

皇帝の象徴として、威厳や風格をもって龍が表現される中国においては、雨龍のモチーフはほとんど見られないようです。 一方日本では雨乞いの象徴として家紋とされるなど、どこか愛嬌のある龍神さまとして親しまれてきました。

しっかりとした厚みと濃藍の色が残る緞通のかけらです。鋏入れによって龍を立体的に浮き上がらせました。 木工作家の児玉正和さんが1点1点異なる材を選び、緞通の厚みや質感を生かす形で仕立ててくださっています。


・19.雨龍(あめりゅう)

・サイズ:29cm×19cm×4.8cm(最大厚)(緞通部分は13cm×17.5cm)

・価格:2万5千円+税



使用材はタモとウォルナット。金具は付いていませんので、置物としてお使いください。



ご注文について

  • お名前、メールアドレス、電話番号

  • 番号と品名

  • 郵便番号

  • ご住所

上記内容をご記入の上 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

※決済は銀行振込とカード決済がご利用いただけます。

※3日以内に返信が無い場合は、何らかの理由でこちらからのメールが届いていないことが考えられます。 お手数ですが、お問い合わせフォームより再度ご連絡ください。電話もしくは携帯のショートメールにてご連絡差し上げます。


風を待つ月、わたしの場所で夏を迎える