21.工字繋 / Chain of longevity




「不断長久」を意味する工字繋の縁文様の一部です。着物の地模様に使われる一般的な工字繋は斜めの連続ですが、赤穂緞通では直角となります。 細い線が連続するため仕上げに大変手間がかかりますが、上品で癖のない縁文様のため様々な主文様と組み合わせて用いられてきました。

野太い藍染糸に焦茶の色褪せ具合が絶妙で、小さいながらも存在感のあるかけらです。 木工作家の児玉正和さんが1点1点異なる材を選び、緞通の厚みや質感を生かす形で仕立ててくださいました。長く久しく、絶えることなく続く文様に合わせて、数百年の時を経た神代の木を使っています。


・工字繋(こうじつなぎ)

・サイズ:31.2cm×11cm×1cm (緞通部分は5.5cm×6.5cm)

・価格:1万円+税



使用材は神代楡。神代は数百年前の埋もれ木で、灰色がかった色味が特徴です。




ご注文について

  • お名前、メールアドレス、電話番号

  • 番号と品名

  • 郵便番号

  • ご住所

上記内容をご記入の上 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

※決済は銀行振込とカード決済がご利用いただけます。

※3日以内に返信が無い場合は、何らかの理由でこちらからのメールが届いていないことが考えられます。 お手数ですが、お問い合わせフォームより再度ご連絡ください。電話もしくは携帯のショートメールにてご連絡差し上げます。

風を待つ月、わたしの場所で夏を迎える