22.青渦 / Swirling Wave




渦を巻く海の波のように見える縁文様の一部ですが、由来はアジアの織物に広く表されてきた鉤文の一種だと思います。赤穂緞通では、貴人を意味する「御寮」と呼ばれる緞通にのみ使われてきた縁文様で、明治天皇の御召列車にも使われた格式高い緞通です。

波を思わせる文様ではありますが、ここ瀬戸内の海は穏やかそのもので、このように高く渦を巻いて打ち寄せるようなことはありません。淡く褪せた藍の色が美しいかけらです。 木工作家の児玉正和さんが1点1点異なる材を選び、緞通の厚みや質感を生かす形で仕立ててくださいました。


・22.青渦(せいか)

・サイズ:32cm×13.2cm×1.4cm(緞通部分は15cm×6.5cm)

・価格:1万1千円+税



使用材は栃。木目が繊細で上品な光沢があります。




ご注文について

  • お名前、メールアドレス、電話番号

  • 番号と品名

  • 郵便番号

  • ご住所

上記内容をご記入の上 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

※決済は銀行振込とカード決済がご利用いただけます。

※3日以内に返信が無い場合は、何らかの理由でこちらからのメールが届いていないことが考えられます。 お手数ですが、お問い合わせフォームより再度ご連絡ください。電話もしくは携帯のショートメールにてご連絡差し上げます。


風を待つ月、わたしの場所で夏を迎える